読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utashyaのブログ

明暗の日々を駆け抜ける

回顧・6

Facebookに友人が掲載した写真をきっかけに

今はなきなつかしのデパートの話題になったのですが

その後しばらくネットで検索してみた結果

かろうじて建物が写っている写真を見つけました

f:id:utashya:20100919103658j:plain

そのデパートの一番の特徴はドアが鉄製の二重のジャバラ構造で

昇降時各階の様子が格子の向うに上下に流れて行くのです 

その不思議な感覚は今でも忘れられません

 

残念ながら解体時の写真しか見つけられませんでしたが

入り口上部の階を示す矢印がB.1.2.3.4.の間を

ゆっくりと行ったり来たりするのを眺めていたこともありました

f:id:utashya:20170114130205j:plain

そのうち建物がよりはっきり写っている写真を見つけました

松屋の春まつり」という垂れ幕が掛かっています

昭和30年代の晴々とした活気が伝わってきます

f:id:utashya:20100919103344j:plain

当時同じ並びにもうひとつデパートがあって(現在も移転して営業中)

そこには屋上遊園地がありました これがその写真です

f:id:utashya:20100919101339j:plain

実は私にも姉と二人で飛行機に乗っている写真があるのです

この時のことはまだ薄っすら憶えています

f:id:utashya:20170114113708j:plain

これで落着と思ったところであることに気付き二階の物入れにダッシュ

それは着せ替え人形の服をしまっておく母手製の紙袋

思ったとおり!それは松屋の包装紙だったのです

おもわず抱きしめてしまいました

f:id:utashya:20170114121820j:plain

と こんなことをしているうちにひとつの話題で私の午前中は

とっくにすぎ去り時計は12時を過ぎていました

あぁ・・・楽しかったぁ