読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utashyaのブログ

明暗の日々を駆け抜ける

ランドセルshowって

土曜の午後 目的地へ車で向かう途中のバイパスの交差点に

袴姿の少女が信号待ち

ここは国立の小学校と中学校が近くにある場所

f:id:utashya:20170318133753j:plain

そうか きょうは小学校の卒業式なのだ

少し先の交差点でもそれらしき親子を目撃

f:id:utashya:20170318133938j:plain

それにしても 袴姿は今時のはやりなのか

たった一日のためにかける費用はいったい?信号が青に変わった

 

楽しみにしていた友人の出演する演劇鑑賞の日

意図的に少し離れた場所の駐車場に車を停めて歩きます

幼い頃から慣れ親しんだ町内にある路地

この右側の塀は以前は木造で途中に格子戸があり

そこを入るとピアノの先生の家がありました

f:id:utashya:20170318134755j:plain

ここ一体の町名は今は松尾町と呼ばれていますが

子供頃は十字路を境に手前が新馬街(しんままち)

向う側が水原町と呼ばれていました

この通りの中間あたりに父の実家だった米屋がありました

f:id:utashya:20170318134904j:plain

右に折れると松尾町から大慈寺町に変わります

f:id:utashya:20170318134954j:plain

この曲がりくねった細い坂道が私の小学生時代の通学路です

突き当たりに大慈寺小学校が見えてきました

建物は新しくなりましたが、校舎の雰囲気や位置は変わっていません

だからここを通るたびにワワワクが溢れます

f:id:utashya:20170318135017j:plain

下水道が完備された今はまったく面影がありませんが

路の脇には狭いどぶ川が流れていて

帰り道校舎の二階から「うたちゃ~ん!」と友達に声をかけられ

後ろ向きで手を振って歩いているうちに見事に落下したあの惨劇

いまでも忘れることのできない強烈な思い出です

f:id:utashya:20170318135035j:plain

あぁ・・・目玉の前の瞼坂

f:id:utashya:20170319180357j:plain