読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utashyaのブログ

明暗の日々を駆け抜ける

マヤ・文面

Tさんが南相馬市からひとり盛岡に移り住んで6年が経とうとしています。

ある治療院の待ち合い室で私が書いた「海のある街」を読んでくださりそれが知りあう

きっかけとなりました。

美術教師だったTさんは現在も描くことを続けています。

体の不調にもめげず慣れない生活から楽しみを見いだすエネルギーには敬服します。

そんなTさんをずっと見守ってきた飼い猫のマヤが昨年26才で亡くなりました。

『ことしはマヤを描きました』同好会絵画展のお知らせハガキにそう書かれてありま

した。菓子店の二階のギャラリー。やわらかい陽射しの中にTさんの絵はありました。

それは水にすぅっと溶けてしまう砂糖菓子のような絵でした。

マヤの深い眼差しはTさんだけに注がれた特別のものに違いありません。

やさしい時間 Tさんありがとう。

 

     f:id:utashya:20170401143800j:plain