読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

utashyaのブログ

明暗の日々を駆け抜ける

唐草・模様

久しぶりに洗濯した風呂敷は超大判

かつて釜石で靴屋を営んでいた義父が使っていたものです

年二回お盆と暮れに家族で訪れた夫の実家

早朝 橋上市場の支店へ大きな荷物を運ぶ「働き者」の姿を思い出します

少し色褪せた藍の布の そして過ぎ去った時間の

皺を伸ばしながら 物干し竿に掛けました

f:id:utashya:20170512094652j:plain