utashyaのブログ

明暗の日々を駆け抜ける

メラカフラ

今年もフラカメラマン始動!

毎年恒例の一里塚祭りの舞台

f:id:utashya:20170722171859j:plain

幸運にも雨がぴたりと止みました

太陽の姫君 太陽がなくとも実にまぶしい!

f:id:utashya:20170722173942j:plain

先生の笑顔もはじけます

f:id:utashya:20170722175554j:plain

レンズを覗いて被斜体を追いかけていると

アクシデントなどにはまったく気がつかず・・・

あぁ・・・フラダンス一度はじっくり見てみたい

f:id:utashya:20170722173739j:plain

丸い縁

先日 Eちゃんが我が家に始めてやって来た日に

手渡されたおみやげの袋をきのう改めて見てみたら

かつて子供達が小さかった頃よく買い物をしていたお店のものでした

その店がEちゃんの御実家だったことは知らされていましたが

まさか名残の品をまた見られるとは思ってもみませんでした

大切にしよう!

f:id:utashya:20170720170501j:plain

 

西の粒

普段あまり通ることのない西側の通路

いつの間にかにスグリのクロもシロも収穫の時期がきていました

f:id:utashya:20170705190423j:plainf:id:utashya:20170705184640j:plain

夕方あわてて取り掛かかりました

大収穫のシロ 古株を春に処分したクロはいつもより少なめ

f:id:utashya:20170705190129j:plainf:id:utashya:20170705190948j:plain

下処理終了 ここまでがちょっと難儀

f:id:utashya:20170706130029j:plainf:id:utashya:20170706130036j:plain

あとは材料を入れてレンジにしばらくかけるだけ

それぞれの風味と食感を持った庭の味は格別です

f:id:utashya:20170706144048j:plain

来年もまた こんなシーンが見られるといいな

f:id:utashya:20170705191916j:plain

アルル 溢るる

録画しておいた番組を見る

場所はフランス・アルル旧市街

f:id:utashya:20170711172904j:plain

心に滲みた場面ふたつ

路地裏の建物の二階 そこは地域の女性が集う美容院

魅力的な店主と三人の老婦人 そのうちのお一人が歌いだした

f:id:utashya:20170710140548j:plain

 

♪ 女王を決めるために すべての愛らしさ競うコンテストが始まったの

でも ここではそんな必要もないくらい みんな美しいの

くり毛もブロンドも やせっぽちもたっぷりさんも みんなが本当の宝物

心も体も美しい女性は どこかではなく ここにいるわ

美が花ひらくとき 空は真紅に染まり

愛と太陽は ここにしかない双子 ♪

 

この地方の伝統行事に由来すると思われるその歌詞には溢れるほどの愛があり

おもわず停止ボタンを押して書き留めずにはいられなかった

 

そしてもうひとつは

自分の理想とする光を求めてこの地に根を下ろした男性シェフが

愛とは何か?と問われた時の答えだ

f:id:utashya:20170710140201j:plain

みんなが尊重し合いながら 分かち与えようと努力すること

相手の価値観を大切にしながらね

 

今の世界にとても必要なことだと思うから

 

この街に行ってみたいと思った 

あの美容院に続く階段を上りドアを開け また

あのシェフに道でばったり会い「Bonjour!」と

f:id:utashya:20170711173123j:plain

ただその後に続くフランス語が問題ではあるけれど